バク転編|体操ワンポイントレッスン

膝と腕の使い方をマスター!

今回のワンポイントレッスンは、バク転です。
バク転は、出来るようになりたいと思うお子様が多い技です。そんなお子様の為に、バク転のコツや、家でも出来る練習方法をお教えいたします。

ポイント

まずはバク転の流れを説明します。
手はしっかりと伸ばし、手と手の間を見ながら勢いよく振ります。手の振りと同時に後ろへ思い切りジャンプし、床を強く押し返して着地します。

ジャンプ直前、踏み込んだ時に、膝が前に出ないように注意しましょう

膝が前に出ると後ろへ跳べないので、踏み込むときは椅子に腰を掛けるイメージで、後ろに体重を乗せ、上半身も前に倒しすぎないように気を付けましょう。

うでの振りとジャンプのタイミングを合わせましょう

体重を後ろに乗せて踏み込み、後ろに倒れそうになる瞬間に腕をふり、ジャンプします。振った腕は、途中で止めずに、最後まで振り切りましょう

ジャンプで踏み切ったら、膝を伸ばしましょう

バク転は、体を反らした反動で起き上がります。後ろにとんだ時に膝が曲がっていると、体が丸まった状態になってしまうので、反動をつけられず、綺麗な着地ができません。

自宅で出来る練習方法

踏込みの形確認

1踏み込むとき、膝がつま先より前に出ないように、鏡の前でチェックしましょう。
21・2で踏み込む時は、深くしゃがむようにしましょう。


壁倒立

1壁から離れた位置に手を着き、30秒壁倒立をキープしましょう。
2戻る時に、軽く壁を蹴り、床を押しながら足を揃えて着地します。
3着地は、体を前に倒したままではなく、しっかりと起こしましょう。


壁タッチ

1壁に背を向け、1・2のサーンで壁に手を付けに行きます。
2手と手の間を見て、肘を伸ばしながら壁に手を付けましょう。


ジャンプ練習

1布団等を高く積み上げ、高く、後ろに背面でジャンプします。
2jジャンプする時は肘、膝をしっかりと伸ばし、手は思い切り振りましょう。



皆さんも、コツをつかんで、かっこいいバク転をマスターしましょう!

Facebook
ページの先頭へ戻る